芝浦工業大学 無線研究部

無線研究部(JA1YXP・JA1YAL/1)は芝浦工業大学文化会に所属している団体です。

文化会所属団体の中でも50年近い歴史を持っており、非常に古くからある団体です。

現在はハム班・オーディオ班・コンピュータ班の3班に分かれて活動しています。

ハム班

主な活動内容

主にコンテストへの参加。そのための準備や改良を日頃から行います。
毎月1回以上、国内や海外で行われるコンテストに参加する予定です!

アマチュア無線のコンテストって?

「具体的に何をやるのかさっぱり。」という方が大半ですよね?安心してください。 毎年大半の新入部員がそうですから。 コンテストというのは交信できた局数を全国で競うものです。
なんと言いますか、「制限時間内になるべくたくさんの人のケータイの番号を集める」といった感じでしょうか。 これが全国で一斉に行われるのでそれはもう大変なことになります。 しかも、大規模なコンテストは24時間行われるので、 部員は学校に泊まり込みで交信するのです。 といっても徹夜するわけではありません。 真夜中になると他のコンテスト参加者も寝てしまい、交信相手がいなくなってしまいます。 交信相手がいないと勿論交信ができないので得点になりません。 ですから朝になるまでちゃんと寝られます。
「自分は1時間で何局と交信した」と自慢してみたり、 「○○大学の人と話しちゃった!」とはしゃいでみたり。 遠距離の人と話をした時のなんとも言えない感動は、アマチュア無線ならではです。 携帯電話じゃ絶対に味わえません。

主な参加コンテスト

ALL JA

日本国内で行われるコンテストの中では最大規模です。3.5MHz~50MHzと周波数が限定的で比較的参加しやすいです。

6m and DOWN

ALL JAよりも周波数が多い(50MHz以上)です。時期的にVHF以上で発生する異常伝搬(スポラディックE層)が頻発するので、遠くの方とも交信ができるかもしれません…!

フィールドデーコンテスト

学校から移動して行うことが大事なコンテスト。唯一移動局(JA1YAL)を運用する機会です。
海に行ったり山に行ったりと、夏の青い空の下で青春しましょう!

全市全郡コンテスト

アマチュア無線で使用できるあらゆる周波数帯を使って行う大規模なコンテストです。運用バンド数は最も多い上に、ALL JAと同様24時間開催なので、部員たちが一番気合を入れて行うコンテストです。
どの周波数でどのように電波が飛ぶかを知るにはもってこい!